日々コレ日記更新

もうすぐ桜が咲いて春らんまんですね。これでファントムも春らんまんならいいんですが・・・・(笑)。
***スポンサーサイト***

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
***レミゼ@別所バルジャン***
久々にレミゼ観て来ました。観るたびに文句怒りマークばっかり言ってる割にはだいたいどの役者さんも観てしまうというレミゼマジックにかかり、ついに別所さんのバルジャンを観ることになりました。
実は前公演で観た人から「別所さんはいいよーOK」と聞き、観たいと思ったものの別所さんが出るのはすでにあと一回(残りは彼の東京公演楽日だけだった)。その日はジャベールが岡さんだったかで、当日券大人気。楽日に当日券並んだものの買える順番が89番目だかという微妙な番号悲しいで、結局観られなかった(泣)。なもんで別所さんが観てぇーと2年待ちで(笑)観ることになったのですが・・・・。

んで、別所さんのバルジャンですが。
ちょい野蛮すぎるなぁ〜というのが観終わった後の感想でした。最初はねぇ、そりゃもうゴリラと見紛うくらい(爆)野蛮なバルジャン(別所さんでっかいしね)。19年投獄されていたために心が荒み切ってしまったのね、というのがよく分かるほど荒々しく、神父に施しを受けて食事をもらったときも、椅子に座らずにがっついて食い荒らしてやる、って感じ。
最初はそれで良かったんですが、そういう荒々しさが最後まで残ってたんですよね、別所バルジャン。それがあたしにはどーしても「結局このバルジャンは人を信じることがなかったのかなぁ。コゼットも義務感だけで育て上げたのかなぁ」と。そう、義務にとらわれてたのかなぁこのバルジャンは、と思ったんですよね。神に魂預けたから神の御心のままに生きましょうみたいな。あれだけ芝居うまい別所さんなんだから、だんだんその荒々しさを抑えていって欲しかった。それがもったいないなと思ったところでした。
あとは良かったのよーハート芝居がとにかくうまい!うまいと言うか(笑)細かい芝居がうまいのよ(なんだそりゃ)。コゼットへの愛情表現だとかパンの食い方だとか、たぶん他の3人のバルジャンより芝居はうまかった(というか細かかった)。歌も想像以上にうまかった。びっくりびっくりです。
でももう一回観たいか?と言われたらバッド観ないだろうなと思うのはどーしてだろう。それはきっと芝居も歌もうまいのになんでか気持ちが伝わりにくいからだろうなーと思う。とは言っても「彼を帰して」とか泣けたけどな(笑)。悪いけど久々にレミゼで泣けたのが嬉しい(爆)。

ジャベールは今さんでした。相変わらず何考えてんのか分からんジャベールだった。自殺する前まで一切表情変えずやってるので、自殺シーン、ずいぶんと苦悩してんなーとは思ったんですが、相変わらず何考えてんのか分からんよ、今さんのジャベールは。

今日初めて見たのは別所さんのほか、アンジョルラスの東山君でした(少年隊のヒガシではない)。
おーーーい、なぜ君がアンジョルラスなのか?歌がヘタだぞ歌がっ!吉●君もあまりうまくないが彼はイケメンなので許せる。しかし東山君は別にイケメンではないぞ(あの髪型にごまかされてはいけない(爆))。そして歌がヘタだぞ!ちょっとやだ、このアンジョ(しかしチラシのアンジョの写真を見る限り・・・・以下自粛)。

あとは何度も観た(爆)役者さんばかりなので特に言うこととはなし。コゼット&マリウスが、個人的にベストな組み合わせと思うたまきちゃんと岡田君。岡田君相変わらず芝居濃いです。もうデレデレです。ヘタするとクサい芝居になっちゃいます。そのくらい岡田君のマリウス好きです、うん(笑)。
マルシアのファンテーヌもメチャメチャ抑えてました。ラテンの血はどこへやら(爆)というくらいしっとりしたファンテーヌでした。いつも女郎屋?やるときはラテンの血が騒いでるのにな)

れなちゃんのエポニーヌも良かったです。あんなに「マリウスが好きっ!」って気持ちを前面に出したエポニーヌもいないでしょ。新解釈だな。
テナ夫婦は王道の駒田さんとモリクミ。この二人にやらしとけば問題なしって感じでした。

全体的にテンションの高い芝居だったので(特にアンジョ、すげーテンションでした)カーテンコールは全員スタンディングするほどでした。いやしかし、バルジャンの芝居が細かいと、他の役者も芝居が細かくなるもんなのか、と思うほどみんないい芝居してました。

そして帰り道「WEで短縮してないレミゼ観たいなぁ・・・」とまた不可能な希望を抱いてみたりしたのでした(爆)。
(だいたいあたしはユンさんのファントムが観てぇとか、ジョンのバルジャンが観てぇなとか、叶わぬ希望ばっかりあるんだよね・・・)

※どんなに良くても心から感動しないのは短くされちゃったからだと思うzumaであった。
| 東宝 | 23:20 | - | -
***ミス・サイゴン見てきた。***
ミスサイゴン、見てきました。女
個人的には、ベストキャストに近いメンバーのものを見たと思うんですが、何回も見たいなーと思う話の内容ではなかったですバッド。ていうか、あんまり内容ないね(笑)。先に見てる●さんとか×さんとかから「レミゼの100分の1くらいの希薄な人間関係だよー」聞いてはいたのですが、マジ、なんの絡みもないのお(爆)。特に前半は「説明のための舞台」になっててストーリーの展開がはなはだ遅く、隣のだんなは良く寝てました(笑)。後半は逆に、あっけなく終わってしまったような気がします。曲も特に、終わった後に口ずさみながら帰るような、心に残ったものもなく(「命をあげよう」は好きだけど)ちょっと寂しかったなぁ。まあ、2階の端から見てたので迫力に欠けたのかも(でも松たか子のキムはすごかったよ)しれないので、これを1階席の前の方で見てたらまた気持ちが変わったかなぁ。

ええっとキャストは
エンジニア:市村さん
キム:松たか子さん
クリス:石井さん
ジョン:今井さん
エレン:ANZAさん
トゥイ:tekkanさん
ジジ:平澤さん

でした。

まあ、このキャストを見る限り、みんな芝居上手いし、歌もずば抜けてへたくそがいないし(笑)「なんじゃこいつは」という人がいなかったのは良かったです。
市村さん、ホント上手いですね。もう自分が踊りたくて仕方ないってのが分かるくらい、くるくる動いてましたね(笑)。どんな状況でも不真面目で狡猾なエンジニアのキャラがすごい出てました。キムが死んだときでさえ、なんか「あ〜オレの唯一の踏み台がなくなっちまった」って感じで悲しんでいると言うより残念がっているような感じがしました。さすがいっちー!って思いました。

松たか子さんのキム、うーーーん良かったぁ。予想以上に良かったです。1幕最初はあまり声が出てなくて歌えないのかなと思ってたんですが、だんだんいい声になってました。ちょっと顔で芝居しちゃうところもあったけど、気持ちが声に乗ってるので、まあよし。ただ、彼女は強すぎる(笑)。あそこまで強く生きられるんだったら、最後絶対自殺しないんじゃない?っていうキャラはちょっと勿体ないなーと。子を守る母の強さを出そうとしてたのかもしれないけど、その中にやっぱり「はかなさ」みたいなものが見えて欲しかったなぁ汗。そうしないと銃で最後死ぬ意味が分からない。
あと贅沢を言えば、やっぱり彼女はいいとこのお嬢様だから、キャバレーで踊り子やってるようなシーンでも妙に上品なんだよね(笑)。もっとなんかこう、泥臭い感じがあったらいいだろうなーと思った。
でも、彼女が主役だからだろうが、松さんの演技が一番目を引きました。

石井さんのクリス。
うーーーーーん(笑)。ダンナに言わせりゃ「ただの優柔不断な浮気男」なんだけど(爆)その通りなんだよねえ失恋。ミス・サイゴンて、戦争の中で起きた「究極の愛」みたいなストーリーがウリだけど、そうじゃないんじゃない?ただの浮気男クリスと残された売春婦キムの悲しい?話を無理やり戦争に当てはめて「戦争は悪い」みたいな言い方してるけど、別にベトナム戦争を全面に出すほど、特に重要な意味も持ってないんじゃあないかと思った。
だからクリスもよー分かりません。悩みすぎているような石井さんのクリスだから余計そう思うのかも。ちまたでは「井上君のクリスはなーんも考えてなくてクリスらしい」と言われてますが、納得です。サカケンは・・・あんなちっちゃいアメリカ人イヤです(爆)。

ジョンの今井さん。横向かないでくれ。なぜあんなに厚みが増したの?冷や汗(爆)
ま、それはいいとして(いいのか?)出番ないね〜ジョンて。ブイ・ドイは俺のものだ!と言わんばかりに歌ってくれたのか、歌はとても良かったけど、そこしか出番がないのはねぇ、あの美声が勿体無い。なので特にキャラがどーとかはぜんぜん分からない。ジョンて、クリスの上司?(まだ分かってない)

エレンANZAさん。終わった後「高橋由美子のほうがよかった」という声が聞こえたけど、見てないあたしでもそんな気がした。歌はANZAさんのほうが上手いだろうけど(それでもあの声はエポニーヌ以外合わないんじゃないか?という声だった)エレンのイメージとして、高橋由美子のほうが合いそうだから・・・・。彼女も出番ないねー。しかし最後、不倫相手?の子のタムを暖かく?迎えてしまうエレンてどうなんだろう?自分らの子どもが欲しいんじゃなかったの?

トゥイのtekkanさん。女性は松さんが良かったなら、男性はtekkanさんが良かったかなと思った。声はめちゃくちゃ出るし、厚みのある声してるし、「親が勝手に決めたいいなずけ」ってのがぴったりなキャラ!!大してキムのこと好きでもないだろうに、悔しいから邪魔してやろうみたいな気持ちがよく分かりました。顔が一瞬「筧か?」とも思いましたけど(笑)。亡霊んところも亡霊ぽくて(笑)良かった。

ジジは覚えてません(爆)。
アンサンブルも、よー分かりません。レミゼみたいに群衆でどっかーんと出てくるところがないからかもしれないけどね・・・。

それと全体的に思ったこと。
どれがベトナム人でどれがアメリカ人だか、わかりにくい!(笑)アメリカ人役は、金髪にしろとは言わないから、せめて茶髪くらいにはしてほしいな。役者はだいたいアジア人だから、顔で判断できないんだからさあ。

どーせだから、日本のサラリーマンが東南アジアに出張に行って、そこのアジア人と恋をしたけど日本には妻がいるから帰らなきゃ、っていう設定でやってくれたほうが、とても分かりやすいんではないかとやや思う。(原案=ダンナ)

まあ、もう見なくていいんですが(笑)見るとしたら新妻さんのキムでどうなるか見てみたいかなと思うくらいです。でもねぇ、最初に松たか子さんで見ちゃったからな、他の人見てもダメかも。そういうわけでもう見ません、たぶん。
| 東宝 | 23:14 | - | trackbacks(0)
***久々にミュージカル***
更新も久しぶりですけど(笑)。すみませんホント。

ここんところずーっとミュージカルを見ていなかったのですが、友達がミュージカル「エリザベート」のチケットを余らせているとのことで、急遽帝国劇場へ見に行ってきました。
ワタシ、なんだかんだ文句を言いつつ(笑)エリザベートは2000年も2001年もきちんと?見ているんですよ。なので別にもう見たいとは思わなかったんですが、前回と違って部分的にキャストが違ったりしていたので見ることにしました(いや、逆にキャストが違うから見なくていいやと思っていたんですが・・・・)。

んで、感想・・・・。

一言で「あの電光掲示板はなんじゃーーーー!!」です(爆)。
詳しくは語りません?が、あの電光掲示板を使ったせいで、他のものに予算が回らなかったのが、舞台装置はチャチだわ(一部の装置だけ異常に立派すぎ、かえって邪魔だった(爆))、衣装は超しょぼいわ、アンサンブルの人数は減ってるわ、トートダンサーのヅラはなくなってるわ(全員ショートヘア地毛を金髪に染めていた)、トートダンサーは「遠山の金さん」の桜吹雪シャツ着てるわ(爆)正直言って、zuma的ミュージカル観劇史上最悪に匹敵する(○ナマハッティーとかいうのも史上最悪だけど意味合いが違う(爆))出来でした。
いや、芝居が下手ってことはなかったんです(いや、前回とそう変わらずってところかな)が、演出のあまりの酷さに絶句。
前作を超えるものを作ろうとして明らかに予算の使い方を間違え、失敗という感じです。
多少演出が変わっていたんで、本場ウィーンに見に行った友達に「演出一緒だった?」と聞いたら、やっぱりぜんぜん違うそうです。ラストシーンも演出変わってたので、本場に合わせたのかと思いきや違うのか。

しかし、なんでこんなに酷いことに?!ショックじゃ。


| 東宝 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
マンハッタンの怪人
マンハッタンの怪人 (JUGEMレビュー »)
フレデリック フォーサイス, Frederick Forsyth, 篠原 慎
あれからX年。姿を消したはずのファントムがマンハッタンに・・・。
RECOMMEND
ファントム (下)
ファントム (下) (JUGEMレビュー »)
スーザン・ケイ, 北条 元子
 
RECOMMEND
ファントム (上)
ファントム (上) (JUGEMレビュー »)
スーザン・ケイ, 北条 元子
 
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE