日々コレ日記更新

もうすぐ桜が咲いて春らんまんですね。これでファントムも春らんまんならいいんですが・・・・(笑)。
***スポンサーサイト***

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
***ディナーショーに行きました***
スタイリスティックス
スタイリスティックス
ザ・スタイリスティックス

某駅に「スタイリスティックスディナーショー」のポスターが貼ってあり、それを見て「行きたいなぁでも20000円かぁ」と思いつつ、ディナーショー会場のホテルまでチケットを買いに行き、今日ダンナと見にいってきました(笑)。
始まる前はフランス料理を食べ(こういう場にしてはうまかったと思う)ワインとシャンパンをぐいぐい飲んでかなり酔ったところで照明が暗くなり、ステージが始まりました。
スタイリスティックスって5人じゃなかったけ?と思いつつ、メンバーもほとんど入れ替わり、4人のステージでしたが、いやーん楽しかった(笑)。
席自体はステージからだいぶ離れてたんですけど、ステージ前にダンスフロア(爆)が設けられていて、みんなそこへ行って踊ってました。もちろんあたしも(笑)。
だいたいライブとかコンサートとか、本物のそばにこんなに近くに寄れないしー。しまいには握手もキスもしてもらいました(爆)<なにやってんだか(あたしだけじゃありませんもちろん(笑))

メンバーにひとりやや音痴がいたのが残念ですが(爆)来年はもっといいのを入れて欲しいです(笑)。

来年も行くのか?・・・・
| 海外舞台 | 22:35 | - | trackbacks(0)
***ケンヒル版「オペラ座の怪人」観て来ました***
ま、詳細はそのうち「Diary」に書くとして(笑)。
「笑えるファントム」楽しいという話をすでに観た人に聞いてはいたのですが、確かに笑えました楽しい
登場人物全員「お前らアホだろ!」という笑えるキャラばかり。
ダンサーのくせに太りすぎのジャム(ALW版で「メグジリーにあたる役」)、バカ丸出しラウル、変なオカマ(名前忘れた)、ファントムですら少々あほっぽかった拍手です。唯一、クリスティーヌだけまともだったような・・・。
ALW版のラブストーリーを前面に押し出したものとはまったく違うし、宝塚版の親子愛?を描いたものとも違う、コメディータッチのファントムだった感じです。(まあ、字幕が良くないせいもあるのかもしれないが・・・)
悪く言えば、テーマがないような汗ガストン・ルルーの原作をただ舞台にしてみたらこうなりました、というような感じ。
そうは言っても適当に笑えるので、一緒に観たダンナは「これが一番面白かった」と言っておりました。

あたし的にはファントムが三重苦「ちび、はげ、でぶ」だったのが残念でした。でも歌はうまかったよ。

なお、劇場内では「プロデューサーズ」のチケットを売ってました。この前NYへ行ったとき、一緒に行った人が「面白かった」と言っていた舞台が来年7月!来日公演するそうです。もちろん買いましたチケット(笑)。13000円と高いけどな。
あとファントムリピーター用として、10000円の席を9000円で売ってました。もういいです。あと楽日のチケット持ってるから〜(泣)。
| 海外舞台 | 22:59 | - | trackbacks(0)
***「オペラ座の怪人」映画***
あたしが勝手に敬愛する、世界ミュージカル観劇記を書いている「みそっぱ」さんのサイトに、「オペラ座の怪人」映画の感想が書いてあった。
一言で言えば面白くないらしい(笑)。しかも、アンドリューロイドウェバー(ALW)が微妙に映画製作にちょっかいを出したおかげでもっと面白くないらしい(爆)。
とりあえずファントマー?としては観ておかなきゃいけないもんだとは思ってますが、ALWが自分のために作ったような映画(みそっぱさん談)では、最初から寝る覚悟で(笑)観なきゃならないかもしれません。

そもそも、「ミュージカル映画」というのをあたしはそんなに好きではない。ムーランルージュやラマンチャなどのミュージカル映画を観たことがあるけれど、どうしても「やっぱり映画だよな」と思ってしまう。もちろん映画ゆえの撮影手法(場面がくるくるとすばやく転換したり、オーバーラップしたりなど)があって面白いんだけど、そこにいるのは「映像」であって「生身の人間」ではないのがザンネンでならないのだ。
ま、映画でしかできないことをやってくれるのならそれはそれで楽しめる映画になるのでいいけれど、「オペラ座の怪人」はそれすらもないらしい。
映像がオペラを延々と歌ってたら誰だって寝るだろう(笑)。オペラ好きならともかく。

それにしてもALWは相変わらずすごい影響力を持っているようである。
久々に劇団四季のHPを見たが「東京で『キャッツ』『オペラ座の怪人』という2つの代表作が上演される画期的なタイミングに是非とも『エビータ』も上演してほしいと強く熱望されました。」(四季HPより)とのこと。なので急遽エビータを上演するとのこと。
ファンの要望(Song&Dance)よりALWのわがまま・・・もとい要望が通る四季。大変「大会社」らしい対応ですな。
(しかしSong&DanceってALWばっかりじゃなかったっけ)

そういえばもう「オペラ座の怪人」(四季舞台)のチケット売ってるんだっけ(会員先行予約)。ファントマーのくせにたぶん買わないでしょう(爆)。

ファントムで「感動」して泣きたい今日この頃。(別の意味ではよく泣く(笑))
| 海外舞台 | 08:51 | - | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
マンハッタンの怪人
マンハッタンの怪人 (JUGEMレビュー »)
フレデリック フォーサイス, Frederick Forsyth, 篠原 慎
あれからX年。姿を消したはずのファントムがマンハッタンに・・・。
RECOMMEND
ファントム (下)
ファントム (下) (JUGEMレビュー »)
スーザン・ケイ, 北条 元子
 
RECOMMEND
ファントム (上)
ファントム (上) (JUGEMレビュー »)
スーザン・ケイ, 北条 元子
 
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE